Adobe MAX Japan 2016に行ってきました!メモ第3回

9月2日、ビッグサイトで開かれた「Adobe MAX japan 2016」に行ってきました、
本社Sです。3回目のメモ。

結果にいたる方法は1つじゃないですし
、セッションで知った&復習中に知ったなどの
あくまでこんなのあるんだ的な覚え書きですのでご了承ください。

【IllsutratorCC編】

今回は「円グラフ、作りやすいね」です。

この「ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識」セッション。
便利そうな機能、知りましたー。(CC導入したてで勉強不足お許しください)
知らずに損してましたよっ。

お仕事で表、円グラフ、棒グラフなどデザインすること多々あります。
ベースをさっと仕上げられれば、デザインの部分に時間がさけますよね。

わたくし、円グラフは今までマルを描いて、角度のガイドラインをひいて、
それに合わせて%作っていました。
慣れれば簡単ですが、角度とるの以外と手間だったかも?

この角度を出すの、とっても楽チンになりました。

マル描いて、
01

「変形パネル」を見ると、「楕円形のプロパティ」に
「開始角度」「終了角度」の数値が入れれるところがあります。

ためしに90度、開始角度にいれてみます。

02

パックマンみたいになった!
「円ウィジェット」(ー◎みたいなやつ)が2つにわれました。
ここをぐいーっとドラッグすると、

03

移動中にも数値のパネルがでてくるので、だいたいのガイドで使えそう。
はなすと、「円グラフの終了角度」に数値が入りました。

04

どちら側を使うか、反転できるので便利ですね。

05

円グラフベース、ちゃちゃっと作れそうです。

CC機能、使って覚えて、お仕事で応用できるといいな、と思います。

今回はここまで。

adobeのここを参考にしました。
https://helpx.adobe.com/jp/illustrator/how-to/live-shapes.html
セッションを担当されていた方のweb。
http://www.dtp-transit.jp/seminar/post_2199.html#more

お勉強になるなあ…。

※間違いなどあれば、ご指摘いただければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です